結婚相手に選びたい理想の男性像と現実

婚活コラム
この記事は約4分で読めます。

結婚相手に選びたい理想の男性像

家事や育児に協力的


夫婦共働き家庭が増えている今、家事や育児に積極的に協力してくれる人をパートナーにしたいと思っている女性が多くいます。

結婚前に一人暮らしをしたことがある男性は、一通りの家事をこなすことができるので、ずっと実家暮らしだった人と比べると協力的だという傾向があります。

父親が家事や育児の手伝いをしていたという人は、自分も同じく父親になった時に手伝うものだという意識があるので、育った環境を聞いて家庭的なところがあるかどうかを調べてみるのも良いでしょう。

経済力がある


高収入の相手を望んでいる女性もいますが、安定した仕事に就いていて、生活に困らないくらいの収入がある人と結婚したいと考えている女性がほとんどです。結婚相手に公務員が人気な理由は、安定した収入があることが一番の理由と言えます。

会社員の中では、給料が高い商社マンが人気です。自分も正社員で働いていて、安定した給料があるという女性の場合、相手の経済力をあまり気にしないという人もいますが、結婚相手に求める条件として一番に挙げる条件が、経済力があるかどうかという女性が大半を占めています。

性格が優しい


穏やかで安心した生活を送ることを望む女性が多いので、思いやりがあって優しい性格の男性が結婚相手として理想的です。

一緒に生活する上で、お互いの考えや価値観が違うことで、衝突してしまうことも時にはあるでしょう。そんな時も、しっかりと話を聞いてくれて、自分の考えを受け入れてくれるような器の大きい人を求めているのです。

仕事から疲れて帰ってきたら、その日にあった嫌なことや愚痴などを聞いてほしいと思う女性が多いので、その気持ちを汲み取ってくれる優しい人は、まさに理想の男性像といえます。

 

男性との結婚生活の現実

家事を手伝わない上に、感謝の気持ちも伝えてくれない


共働きでお互い仕事で疲れているのに、「家事をするのは女の仕事」と言わんばかりの態度でゴロゴロとしている男性に対して、女性は不満を募らせています。

感謝の気持ちを言葉や態度で示してくれる人はごくわずかで、ほとんどの人は女性が家事をすることに対して当然だと思っているのが現実です。

家事を一切手伝わない男性も多く、こんなはずじゃなかったと結婚を後悔する人も少なくありません。

自分の趣味ややりたいことを優先する


仕事が休みの日は、家族みんなでどこかに出かけたり一緒に時間を過ごしたいと思う女性に対して、ゲームや釣りなど趣味を優先する男性が多くいます。平日の仕事で疲れていて、休みの日はずっと寝ているという人もいるようです。

年中休みがない家事や育児を手伝わず、自分のやりたいことを優先されると、仕事も家事も育児も一人でこなしている女性は怒りを感じるのです。

「きちんと言葉にして言ってもらわないとわからない」という人もいるので、結婚前に「私はこうしたい」と思っていることをきちんと伝えましょう。

 

女性が考えるべき結婚生活の妥協点


完全に自分の理想通りの人と出会って結婚するのがベストですが、ほとんどの場合、ある程度の妥協は必要です。自分が結婚相手に望む条件で、絶対譲れないものは妥協せず、そこまでこだわりがない部分は大目に見たほうがうまくいきます。

恋人選びの時は、身長や顔立ちの良さなど、見た目を重視する人が多いですが、結婚相手の見た目は、そこそこでいいと思っている女性がほとんどです。

どうしても見た目がいい人が良いというこだわりがなければ、まず妥協するポイントとして挙げられるのが容姿でしょう。

見た目が自分のタイプでなかったとしても、性格が優しくて気遣いのできる人であれば、女性は結婚生活に満足することができます。髪型や服装などを変えるだけでも、だいぶイメージを変えることができるので、一緒に買い物に行って、自分の好みに合った格好をしてもらうのも良いでしょう。

二人の年齢が離れていることを気にする人もいますが、結婚生活を送る上で大きな問題にならない場合がほとんどです。女性が年上で男性が年下の場合、子供を作るタイミングを早く考えなければいけないという点はありますが、それ以外では特に支障はないでしょう。

女性が安定した仕事をしていて、結婚後も仕事を続けたいという場合は、経済面を妥協してパートナーに家事を任せるというのも一つの手です。

管理職に就く女性が増えている今、専業主夫として頑張る男性も少なくありません。お互い話し合って不満がなければ、そのような結婚の形も良いでしょう。大切なのは、自分の希望と相手の希望が一致するかどうかです。お互いが満足できる生活スタイルを作ることができるのであれば、経済面は重視しなくてもいい点になります。

人によって、結婚に求めるものは違うので、まずは自分がどうしても譲れない部分はなにか、そこまで重視していないことは何なのかを明確にすることが大切です。譲れないことを妥協すると、結婚後もずっと引きずってしまうので、あらかじめ自分の価値観をはっきりさせておいた上で相手を選ぶと間違いありません。

タイトルとURLをコピーしました