結婚相手に選びたい理想の女性像と現実

料理する女性婚活コラム
この記事は約4分で読めます。

結婚相手に選びたい理想の女性像

料理が上手で家庭的

ハンバーグ調理中
男性が「この人と結婚したい」を考える女性のタイプとしてまず挙げられるのは、料理が上手なことです。料理が全くできない女性とは、お付き合いはできるけれども、結婚相手としては考えられないという人も多く、料理ができるかどうかは結婚を考える上で大事なポイントになります。

難しい料理を作ることができなくても、一般的なレベルの料理を作ることができたら問題ありません。結婚するまで実家暮らしで、家事を母親に任せっきりだったという人は、結婚前に味噌汁や簡単な煮物など、最低限の料理を覚えておくと良いでしょう。

料理以外でも、ボタン付けができたり、整理整頓がきちんとできるなど、家庭的であるかどうかを重視する男性は多いです。独身生活が長い人ほど、家庭に癒やしを求める傾向があるので、家事全般をこなせる女性は魅力的に見えて好感を持たれます。

一緒にいて安心できる

寛ぐ夫婦
好みが似ていたり、一緒にいてリラックスできる相手かどうかは、結婚を考える上で大事なポイントです。仕事から疲れて帰ってきても、話すだけで疲れが吹き飛ぶような相手だと、居心地のいい家庭を築けるとイメージする男性が多いのです。

すぐに感情的にならずに、いつも穏やかな人も理想の女性像として挙げられます。自分を受け入れてほしい、認めてほしいと思っている男性が多いので、優しく包み込んでくれるような優しさのある人と結婚したいと望むのです。

金銭感覚がしっかりしている

やりくり上手な奥さん
堅実で貯金もしっかりしていて、やりくり上手な人に家計を任せたいと男性は思っています。ブランド物が好きで、買い物の時にクレジットカードを頻繁に使うような人とは、お付き合いはできても結婚したいと思う男性は少ないでしょう。

自分の収入で買える範囲のものを買い、物を大切に長く使いながらも、お祝い事や交際費はしっかり出すようなスマートなお金の使い方ができる人は魅力的に映ります。

 

女性との結婚生活の現実

家事が雑で気になる

嫌々そうに掃除する女性
掃除や片付けができない、洗濯物をたたまないなど、妻が家事をきちんとやってくれないという不満が一番多く見られます。注意しても改善してもらえない場合は、自分で掃除や片づけをするという男性もいるようです。気を使って家事の手伝いをしても、「やり方が違う」などのダメ出しをされるケースもあり、どうしたらいいのかわからないという声もあります。

自分のやり方で家事をしたいと考える女の人が多いので、そのことを理解した上で「これはどうしたらいい?」とやり方を聞いてから家事をすると、衝突することが少なくなります。

接し方や口調がきつい

夫を叱る妻
顔を合わせるたびに命令口調で物事を頼まれるなど、妻の態度や口調に不満を持っている男性は少なくありません。もっとひどい場合だと、話しかけても嫌な顔をされたり、無視されることもあると言います。家族のために一生懸命働いているのに、家に帰ってきてそんな態度をとられたら、余計に疲れがたまってしまいます。

結婚生活が長くなるほど、会話が少なくなったり妻の口調がきつくなるという傾向があるので、お互い感謝と思いやりの気持ちを忘れずに生活することが大切です。相手は自分の鏡とも言われるので、自分の口調や態度を見直すのも良いでしょう。

子供ができて態度が変わった

抱っこして不貞腐れる妻
出産によるホルモンバランスの変化なのか、子育ての忙しさからなのか、相手が怒りっぽくなったり子供優先になることに不満を感じる男性も多いです。子供ができて妻が身だしなみに気を使わなくなったり、体型が変わることに対してもがっかりしてしまいます。

妻側も、慣れない育児や家事を手伝わない夫に対しての不満を抱えている場合があるので、子供ができたらそれまで以上に夫婦の会話を大事にして、コミュニケーションを取ることが必要になります。不満を抱え込むといつか爆発してしまうので、なにか引っかかる点ができた時に、その都度話し合えるような関係を築きましょう。

 

男性が考えるべき結婚生活の妥協点

妥協点を考える男性
相手の欠点も受け入れることができて、妥協するところがひとつもなかったという人もいれば、何かしらの妥協をして結婚したという人もいます。

金銭感覚の違いや相手の収入がネックになる場合は、自分がカバーすればいいと割り切れるので、妥協したという男性が多く見られます。お金の管理が苦手だという女の人と結婚する場合は、相手の許可を得た上で男性側がうまくやりくりをすると、お互い気持ちよく生活することができるので、妥協と考えずに前向きに受け入れることも大切です。

相手の容姿は、自分好みでなくても性格が良ければ気にしないという男性がほとんどです。毎日顔を合わせるうちに、見た目に慣れるケースが多いので、性格などその人の良いところを見るようにすると、容姿の欠点も気にならなくなります。

喫煙や生活習慣など、努力次第で改善できそうなことは、二人で話し合って協力し合うことで解決できる可能性があります。なぜその習慣や行動をやめてほしいのか、自分の考えを冷静に伝えて、相手の言い分も聞いた上で努力してもらうと良いでしょう。そのことがきっかけで、二人の絆が深まるかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました